安全安心の【インターレジェンス工法】

安全性
(農薬取締法)
 重曹(炭酸水素ナトリウム)は、農林水産省・環境省が
 平成15年3月10日から施行された改正農薬取締法では
 無登録で使用しても罰則の適用が除外される特定防除資材
 (特定農薬)
に指定されています。
 重曹以外には「食酢」・「天敵」が指定してされています。
   (農薬取締法 第2条 第1項 に規定されています)

特定農薬指定の考え方画像
 ※上の図をクリックすると、拡大版がご覧になれます
重曹と農薬取締法
 ※上の図をクリックすると、拡大版がご覧になれます
安全性
  (食品衛生法)
 重曹(炭酸水素ナトリウム)は、平成18年5月29日から施行された改正食品衛生法では、残留農薬の
 ポジティブリスト制度において、厚生労働大臣が指定する物質又は人の健康を損なうおそれのないことが
 明らかであるあるもののひとつ(特定農薬)として規制の対象外となっています。対象外となるものは、
 全部で65物質です。
   (食品衛生法 第11条 第3項 に規定されています)

 【食品衛生法のポジティブリスト制度とは
ポジティブ制度とは ポジティブ制度1 ポジティブ制度2 ポジティブ制度3 ポジティブ制度対象外物質リスト
    生態影響試験
(筑波大学    
大学院)
 【OECDが定めたテストガイドライン】又は【化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律「化審法」」
  テストガイドライン】に基づき、生態影響試験を実施し、安全性が確認されています。
  (1)重曹水による生態影響試験
     ※ 試験対象物として「ヒメダカ」(水系食物連鎖における高次消費者)を使用している。
  ・「魚類延長毒性試験(TG204)」を実施→96h-NOEC(96時間無影響濃度)の特定。
  ・「魚類急性毒性試験(TG203)」を実施→96h-LC50(96時間半数致死濃度)の特定。
  (2)土壌(重曹浸透)による生態影響試験
     ※ 試験対象物として「レタス」(ガイドライン指定対象物の一つ)を使用している
  ・「陸生植物生長試験(TG208)」を実施→発芽数より、発芽に及ぼす影響をLC50(半数致死濃度)の特定
                      重量により、生長に及ぼす影響をEC50(50%生長阻害濃度)の特定
有用作物と水棲動物に対する安全性画像
  取り扱い上の
注意
 【使用上の注意】
  ・熱湯での使用は泡(炭酸ガス)が発生するので注意下さい。                  
  ・食品への使用は避けて下さい。
 【貯蔵上の注意】
  ・幼児の手の届かないところに保管下さい。
  ・直射日光を避け、高温・多湿のところに置かないで下さい。
  ・酸と一緒に保管しないで下さい。
 【眼に入った場合の処置】
  ・コンタクトレンズを使用している場合は外して下さい。
  ・綺麗な低圧の流水、できればぬるま湯に目を浸して瞬きしながら充分に洗顔して下さい。
  ・炎症が有る場合は医師の手当てを受けてください。
  ・作業時は念の為、防塵メガネ(眼鏡)をされることをお勧め致します。
 【口に入った場合の処置】
  ・健康に問題はありませんが、少量であればよくうがいをして下さい。

インターレジェンス工法 各種資料ダウンロード

IL(重曹)試験検査成績書

» インターレジェンス(IL)(重曹)試験検査成績書のダウンロードはこちらから(PDF)

製品安全データシート

» インターレジェンス 製品安全データシート(SDS)のダウンロードはこちらから(PDF)

改正農薬取締法

» 重曹が特定防除剤として安全性を認定しているの法律のダウンロードはこちらから(PDF)

改正食品衛生法

» 重曹がポジティブ制度の対象外になっている法律の概要はこちらから(PDF)

IL工法の効果等Q&A

» IL工法の効果・枯草のメカニズム・樹木への影響に関するQ&Aのダウンロードはこちらから(PDF)

IL工法の安全性Q&A

» IL工法の安全性に関するQ&Aのダウンロードはこちらから(PDF)

化学物質の生態影響試験
(環境省ホームページ)

» 「OECDの定めたテストガイドライン」又は「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律『化審法』
   テストガイドライン」に基づく、水生生物生態毒性に関する試験(PDF)

「OECD」が定める
テストガイドライン

» OECD(経済協力開発機構)が定める化学物質の有害性を評価するための試験法の内
 「生態系への影響に関するテストガイドライン(TG)」(PDF)